納豆のネバネバ部分に含まれる「ナットウキナーゼ」のパワーとは?

納豆は昔から、日本ならではの食品として日本人に愛されてきました。納豆の健康効果をもたらすナットウキナーゼというたんぱく質分解酵素に血栓融解作用があることに注目されてのは、1980年代のことでした。納豆は大豆を発酵させたものですが、大豆はにアミノ酸や大豆イソフラボン、ビタミン、ミネラルに含まれています。それに加え発酵する過程で、ビタミンB群やビタミンK、ナットウキナーゼなどのたんぱく質が得られるため、納豆は健康効果をもたらします。

 

ナットウキナーゼは血栓融解作用、血液をサラサラにするだけではなく、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす整腸作用、抗酸化作用、抗菌作用、骨粗鬆症を予防する作用などがあります。その効果を得るために必要な1日摂取量は、納豆50gで、おおよそ納豆1パック分です。ナットウキナーゼの血栓融解作用は、摂取後の数時間から12時間程度継続します。そのため、夕食後や夜に摂取することで、血栓が最も作られやすい深夜から早朝にかけて作用するため、効果的とされています。また、納豆が健康によいことを知ってはいても、匂いが独特なため苦手な方もいます。しかし、現在では苦手な方でも手軽に摂取できる、ナットウキナーゼのサプリメントという手段もあります。サプリメントであれば、匂いを気にすることもなく手軽に摂取できるため、無理なく毎日継続して摂取することができます。

 

納豆には豊富な栄養と効果がありますが、抗血液凝固薬を服用している方にとっては、注意が必要です。ナットウキナーゼに含まれるビタミンKは血栓予防効果がありますが、抗血液凝固薬を同時に摂取してしまうと効果が失われる可能性があるため、基本的には禁忌となっています。ただし、 ナットウキナーゼのサプリ の中には、ビタミンKを除去しているものや含有量を少なくしているものもあるので、抗血液凝固薬を内服中の方でも摂取できるものもあるので、自己判断せず医師へ相談してから摂取するようにしましょう。

 

参考HP・・・日本ナットウキナーゼ協会

ノコギリヤシの前立腺肥大症予防・育毛効果を解説!

前立腺肥大症になると尿が出難くなったり、排尿するまでに時間が掛かる、さらには排尿をしても残尿感があるといった症状が発生します。高齢になると殆どの男性が前立腺肥大症を発症すると言われていますので、予防を行う事が大切と言われています。

 

そして予防方法の一つの手段としてノコギリヤシのサプリを摂取する対策法がありますが、ノコギリヤシは前立腺肥大症予防に良いとされているのです。ノコギリヤシの実の中には脂肪酸とステロールが含まれていますが、前立腺を肥大させるジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンの生成を抑制してくれますので、それによって排尿の問題を改善させる事ができると言われています。サプリですので薬の服用には抵抗がある方にも適していますし、安全に前立腺肥大症予防を行う事ができるのです。

 

しかしながらノコギリヤシの効果はそれだけではありません。ノコギリヤシは発毛させたい方も摂取した方が良いとされている成分なのです。

 

前立腺肥大は先にも述べたようにジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンが原因によって症状が進行するのですが、このホルモンは脱毛ホルモンとも呼ばれているのです。そして男性によく見られるAGAの発症原因でもあります。ノコギリヤシのサプリにはジヒドロテストステロンの生成を抑制する作用がありますので、それによって脱毛を予防する事ができ発毛環境を整える事ができると言われています。

 

具体的にどのように作用するのかと言えば、まずジヒドロテストステロンというホルモンはテストステロンとリダクターゼと呼ばれる物質が結合する事で発生します。しかし、ノコギリヤシを摂取する事によってリダクターゼを抑制する事ができるのです。ですからテストステロンとリダクターゼの結合を阻害してジヒドロテストステロンを生成させないようにする事ができますし、それによって発毛し易い状態へと導く事ができます。

 

発毛効果があるゆえに育毛サプリメントにもよく配合されており、薄毛に悩める方からもノコギリヤシは人気となっているのです。